アメリカでの旅行中にiPod classicを手に入れた。



一年近く前にiPod shuffleを買ってそれを使っていた。

そのまえもCDRを使うタイプのCD・MP3プレイヤーを使っていた。

一時期、携帯電話をプレイヤー代わりに使っていたこともある。



通勤時間が暇なのだ。

往復2時間超のうち1時間くらいは歩いている。



そういう間に音楽を聴くのは、時間の有効活用をしている気分になる。

旅行前は英語の学習ソフトを聞き流したりしている。



そんな感じで日常生活に音楽が入り込んでいるのだ。



半年ほど前からmixiミュージックやLast.fmで再生履歴を残すようになってからは、聴き方も少し意識している。

好きな曲を何度も聴いて、再生履歴が自分の好みを映し出すようになると、似たような再生履歴の人や、よく聴いている曲に似たような曲をお奨めしてくれるからだ。



しかし、shuffleだと、曲を確認することが出来ないというのが困っていた。

追加する曲が多い時など曲を覚えきれないので、「あ、この曲良いな」と思っても、どの曲なのかがわからない。

ヤフオクなどをにらみながら、古いのでもいいからディスプレイ付のがほしい…、と思っていたものの、今ひとつ踏み切れず。



そんなこんなで迷っている時に、アメリカの電気屋でiPodを発見。

値段がドルで書かれていると安く感じるのが不思議だ。



ということで、第6世代にあたるiPod classicを手に入れた。

これからは、音楽だけではなくビデオや写真なども持ち歩ける。