今回のロサンゼルス-ラスベガスではレンタカーを多用した。



はじめてラスベガスに行った時も驚いたのだが、ホテルの構内道路(と思われる道)に入ると、所々にものすごい盛り上がりがある。

かなり減速しないと飛び跳ねてしまいそうなほどの盛り上がりだ。



最初は何故そんなものがあるのかすごく不思議だった。



しかし、しばらくして、その盛り上がりがある場所の共通点がわかってきた。

それは、ホテルの駐車場の出入り口の近くであったり、信号の無い交差点の手前であったり。

つまり「止まれ」の代わりなのだ。



それに気づいた時には目からうろこが落ちた。

そういう手段があったんだ、と。



ルールを守ってくれない、と嘆く前に、守らないと危険な目にあう(or損をする)、ような仕組みを考えればいいのだ。