@nqounetです。

最近,rubyで作られたツールを使うことも多くなってきたので,改めてrubyの環境を構築することにしました.

wkpdfのように,OSXのシステムに依存しているツールもあるので,使うrubyを手軽に変更できるのは良いですね.

rbenv,ruby-buildをインストールする

1
2
3
4
5
git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL -l
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

ruby-buildを入れたrbenvの簡単な使い方

インストールできるrubyのバージョンを調べる

1
rbenv install --list

rubyをインストールする

1
rbenv install 2.0.0-p247

情報を再構築する(rubyをインストールした後などに必要)

1
rbenv rehash

インストールしているrubyを確認する

1
rbenv versions

通常使うrubyを設定する

1
rbenv global 2.0.0-p247

そのディレクトリで使うrubyを設定する

1
rbenv local system

gemはどうやって入れるのだろう?

…と思って検索していたのですが,rubyをインストールすると(?)勝手に使えるようになっていました.

Perlの話になると,cpanコマンドではなく,App::cpanminusを追加でインストール(plenvでもperlbrewでも,install-cpanmというコマンドがある)してcpanmコマンドを使うことがほとんどなので,勝手に使えるのが新鮮に感じました.