@nqounetです。

WordPressをコマンドラインで操作できるというwp-cliを使ってみました。

ブラウザで見てもエラーの情報がでない

元々は、データベース接続確立エラー、としか出ないので何がいけないのかわからず(user、passwordは何度も確認した)、闇雲に調べたところから始まりました。

ちなみに、デバッグ情報を出力するには、wp-config.phpでデバッグ情報を出力する設定もあるので、開発中はその設定を付けておくのが良いと思います。

結果的には、socketが標準の場所になかったので、純粋にデータベースに接続できていないのが原因でした。

閑話休題。

wp-cliは、WordPressの全て(?)が操作できるツール、だそうです。

wp-cli は、WordPress への各種の操作(本体のインストール・アップデートから plugin、theme のインストール・アップデートまで、すべてのことが!)をコマンドラインから行えるようにするツールです。

本家はこちら。

WP-CLI is a set of command-line tools for managing WordPress installations. You can update plugins, set up multisite installs and much more, without using a web browser.

インストールも簡単です。

1
2
3
4
5
6
7
8
# ダウンロード
curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar
# 動作確認
php wp-cli.phar --info
# 実行権限付与
chmod +x wp-cli.phar
# Pathの通った場所へコマンドとして配置
mv wp-cli.phar ~/local/bin/wp

コマンドはwpでなくても動作しますが、ほかにwpで動作するものがなければwpで良いと思います。

インストールから設定まで

全てが操作できる、と言っているとおり、何もない状態から新しくWordPressをインストールして、wp-config.phpを作成してサイトを立ち上げるまでもコマンドだけで可能です。

くわしくはこちら。

wp-config.phpがある状態では、設定を読み込んだうえで実行するので、設定がまずい場合はエラーが出ます。

簡単な動作確認まで出来るのは便利ですね。