危うくハマるところだった

先程の記事を書いていて、ファイル名はどうせ変更するし、最初のファイルだけならフラットで良いのでは、と思ったので、さっそく new_post_name:title.md に戻して hexo server を実行してみた。

すると、なんということでしょう。

/2017/09/24/2017/09/24/023018/ というURLになってしまったのです…。

ダメだったか、と思い、設定ファイルを前回の状態に戻して、改めて hexo server してみたのですが。

なんと、もとに戻りません。

もしかすると、うまくいっていたのが勘違いだったのでは?と思い、ウェブの方も確認してみました。
こっちは大丈夫でした。

勘違いではなくちゃんとうまくいっていたようです。

ということは、落ち着いてクリーンな状態から再起動すれば良さそうです。

そこで、 hexo clean してから hexo server してみたところ、ようやくもとに戻りました。

困ったとき、というか、設定を変えたあとは hexo clean が良さそうです。

プレースホルダーとは一体何なのか

_config.yml
1
permalink: :year/:month/:day/:title/

ここでいう :title というのは、一体何を示しているのでしょう?

そもそもこれが :title になっているのが意味不明です。

本質的な意味の「タイトル」ではないのは明らかです。
これまでの変更で、URLにタイトルが含まれないようになっています。

source/_posts からの相対パスから拡張子を除いたもの、というような定義?

そういう意味では、 new_post_name:title.md でいう :title と同じようにも見えますが…。

ともかく、 URL についてはこれで落ち着きそうです。

個人事業のサイトもうまくいけば移行できる可能性が見えてきました。