ふとplaggerを使いたくなってインストールした。
StrawberryPerlはCPANは簡単に使えるが、plaggerのように依存モジュールの多いプログラムをインストールするのは手間がかかる、というのが今の感想。
ActivePerlの場合は、有志が必要なモジュールをppmにしてくれているのでインストールしやすくなっている。
モジュールのインストールで一番困ったのは、メールを送るのに必要なNet::SMTP::TLSの依存モジュールのNet::SSLeay。
これが入らないとGmailからメールを送ることができない。(まあ、他にもやり方はあるかもしれないけど)
検索して色々と調べてみたが、一番有用な情報はモジュールのドキュメントに書いてあった。
コンパイル済みのバイナリを使うのではなく、自分でコンパイルしたファイルを使う、というのがうまくいく秘訣のようだ。
README.Win32
本文中で出てくるバージョンは、
Strawberry Perl 5.8.8-alpha-2
OpenSSL 0.9.8e source openssl-0.9.8e.tar.gz
だが、それぞれ、
strawberry-perl-5.10.0.3.exe(Strawberry Perl
openssl-0.9.8j.tar.gz(OpenSSL: The Open Source toolkit for SSL/TLS
で、問題なくインストールできた。

```default

  1. Windows XP SP2
    Strawberry Perl 5.8.8-alpha-2
    OpenSSL 0.9.8e source openssl-0.9.8e.tar.gz
  • Install Strawberry Perl by running the installer
    (strawberry-perl-5.8.8-alpha-2.exe in this example)
  • Unpack openssl-0.9.8e.tar.gz
  • cd openssl-0.9.8e
  • ms\mingw32
  • cd out
  • ..\ms\test
    (if you have trouble getting to this stage, consult INSTALL.W32)
  • md c:\openssl
  • md c:\openssl\bin
  • md c:\openssl\lib
  • md c:\openssl\include
  • md c:\openssl\include\openssl
  • copy /b inc32\openssl* c:\openssl\include\openssl
  • copy /b out\libssl32.a c:\openssl\lib
  • copy /b out\libeay32.a c:\openssl\lib
  • copy /b libssl32.dll c:\openssl\bin
  • copy /b libeay32.dll c:\openssl\bin
  • copy /b out\openssl.exe c:\openssl\bin
  • cd Net-SSLeay-xxxx
  • c:\strawberry-perl\perl\bin\perl Makefile.PL
  • dmake
  • copy c:\openssl\bin*.dll blib/arch/auto/Net/SSLeay
  • dmake install
    ```
    一部、コピー元のファイルの場所が違っていたので、メモしておく。
    「inc32\openssl\」は「outinc\openssl\」になっていた。
    それ以外はバージョンの数字やperlの場所が違う程度で、特に問題はなかった。