マーガリン=おいしいプラスチック

トランス脂肪酸の危険性については何度も聞くのですが、それでも食べてしまうのは何故でしょうか?

記事を探せばいろいろと出てきます。

プラスチックを食品として売っていれば、いずれ製造者責任を問われる事になると思うのですが、どうなのでしょう? いくら規制されていないとはいえ、多くの国で使用禁止に向かっているものを「飽食」と言われている日本で使う必要があるのでしょうか? …という風に思うのですが。 冷静に考えると、実験に使ったマーガリンと、普段口にしているマーガリンがまったく同じものなのか、という疑問もあります。 家庭ではこの手の実験はしたくはありませんが、普段使っているものがどのくらいプラスチックなのか確かめてみたくなります。

Comments

comments powered by Disqus