バファリンの効き目

木曜日は朝から元気に出勤したのだが。 といっても、喉の痛みは若干あって、時々咳き込む感じ。 喉の奥に何か引っかかっているような感じがしていた。 まあ、でも、そのうち治ると思っていた。 明けて金曜日。 また微熱と頭&喉の痛みが。 熱は微熱なのだが、頭の痛みが結構ひどい。 喉のほうも木曜日の夜に薬を服用したおかげで痰が出るようにはなったのだが、咳き込むと頭に響いて痛い。 結局会社を休むことに。 バファリンの効き目って24時間くらいあるんですかね? 木曜日に元気だったのは、バファリンの効能だったんじゃないかと。

木曜日のうちに資料作りは終わっていたので、休む連絡だけをとりあえずした。 しかし、進捗が心配で途中で連絡すると、追加で私に作ってほしい資料があるということで月曜日まで書類が進まないことが判明した。 …ここで追加ですか。 まあ、仕方ないですが。 で、それが気になったわけではないだろうけど、時間がたつにつれて体調がどんどん悪化していった。 熱は微熱のまま下がらないし、喉の痛みも治まらない、咳も止まらない、頭の痛みはひどくなってくる。 結局晩御飯のあと、冬用毛布をかぶって寝た。 3時間くらいで起こされた時、体中が汗でびっしょり。 特に、腕からは玉のような汗で、妻に気持ち悪がられた。 しかし、頭と喉の痛みがぜんぜん取れていなくて、またバファリンを飲むことに。相変わらずポカリスエットで。 あと、麦門冬湯(ばくもんどうとう)という漢方薬も。 おかげで今、こうやってブログを書いているわけですが。 今日もはやめに寝ないと、また明日が大変なことになりそう。

Comments

comments powered by Disqus