@nqounetです。

結構前に@papixさんから教えてもらったvagrantですが、ふとした切っ掛けで、もう少し本格的に使いたいと思いはじめました。

ちなみに、「ベイグラント」と聞いてこれを思い出しました。

まあ、それは置いておいて。

vagrantで開発環境の自動構築というと、chef-soloの情報が多いと思う(というか、chefだけだと思っていました)のですが、今回はshellでやってみた事を書いてみます。

その前にvagrantをインストール


Vagrant - Downloadsからダウンロードしてインストールするだけです。

OSXならdmgファイルを、Windowsならmsiファイルを選びます。

まずはshellでやってみた


Vagrantfile
1
2
3
4
5
6
7
Vagrant.configure("2") do |config|
config.vm.box = "centos64_64"
config.vm.box_url = "http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20130427.box"
config.vm.network :private_network, type: :dhcp
config.vm.hostname = "vm-perlbrew"
config.vm.provision :shell, :path => "bootstrap.sh"
end

このようにすると、Vagrantfileと同じディレクトリにあるbootstrap.shを自動的に実行してくれます。

今回調べていて知ったのですが、private_networkではこの例のようにDHCPを使って自動的にIPアドレスを割り当てるようにする事ができます。

これまではいちいちIPアドレスを重ならないように設定(重なると起動できない)していたのですが、これで変更する箇所が減って大分楽になりました。


bootstrap.sh
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
#!/usr/bin/env bash

# run once
if ! [ -f "$HOME/perl5/perlbrew/etc/bashrc" ]; then
# install Perlbrew
curl -L http://install.perlbrew.pl | bash
echo 'source ~/perl5/perlbrew/etc/bashrc' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

# install Perl
perlbrew install 5.16.3

perlbrew switch 5.16.3

# install App::cpanminus (cpanm)
curl -L http://cpanmin.us | perl - App::cpanminus
fi

yum install -y git mysql-devel

cpanm DBD::mysql Data::Model


あちこちのブログでは、yumなどにsudoを付けて実行していましたが、そのような必要はありませんでした。

少なくとも「Vagrant version 1.2.2」では、rootとして実行されています。

で、これら2つのファイルを同じディレクトリに置いて、そのディレクトリで以下のようにコマンドを入力します。
1
vagrant up


上手く行けばPerlのビルドまで実行されるので、結構時間がかかります。

構築が終わったら、仮想マシンにログインします。
1
vagrant ssh


これで、先ほど作成したマシンにログインできます。

初期ユーザーはvagrantです。

で、先ほどのスクリプトはroot権限なので、rootに変わってからPerlがインストール出来ているか確認してみます。
1
sudo su -


これでrootになれましたので、続けてPerlのバージョンを見てみます。
1
perl -V


結果は以下のとおり、上手くいっています。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
Summary of my perl5 (revision 5 version 16 subversion 3) configuration:

Platform:
osname=linux, osvers=2.6.32-358.el6.x86_64, archname=x86_64-linux
uname='linux vm-perlbrew 2.6.32-358.el6.x86_64 #1 smp fri feb 22 00:31:26 utc 2013 x86_64 x86_64 x86_64 gnulinux '
config_args='-de -Dprefix=/root/perl5/perlbrew/perls/perl-5.16.3 -Aeval:scriptdir=/root/perl5/perlbrew/perls/perl-5.16.3/bin'
hint=recommended, useposix=true, d_sigaction=define
useithreads=undef, usemultiplicity=undef
useperlio=define, d_sfio=undef, uselargefiles=define, usesocks=undef
use64bitint=define, use64bitall=define, uselongdouble=undef
usemymalloc=n, bincompat5005=undef
Compiler:
cc='cc', ccflags ='-fno-strict-aliasing -pipe -fstack-protector -I/usr/local/include -D_LARGEFILE_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64',
optimize='-O2',
cppflags='-fno-strict-aliasing -pipe -fstack-protector -I/usr/local/include'
ccversion='', gccversion='4.4.7 20120313 (Red Hat 4.4.7-3)', gccosandvers=''
intsize=4, longsize=8, ptrsize=8, doublesize=8, byteorder=12345678
d_longlong=define, longlongsize=8, d_longdbl=define, longdblsize=16
ivtype='long', ivsize=8, nvtype='double', nvsize=8, Off_t='off_t', lseeksize=8
alignbytes=8, prototype=define
Linker and Libraries:
ld='cc', ldflags =' -fstack-protector -L/usr/local/lib'
libpth=/usr/local/lib /lib/../lib64 /usr/lib/../lib64 /lib /usr/lib /lib64 /usr/lib64 /usr/local/lib64
libs=-lnsl -ldl -lm -lcrypt -lutil -lc
perllibs=-lnsl -ldl -lm -lcrypt -lutil -lc
libc=, so=so, useshrplib=false, libperl=libperl.a
gnulibc_version='2.12'
Dynamic Linking:
dlsrc=dl_dlopen.xs, dlext=so, d_dlsymun=undef, ccdlflags='-Wl,-E'
cccdlflags='-fPIC', lddlflags='-shared -O2 -L/usr/local/lib -fstack-protector'


Characteristics of this binary (from libperl):
Compile-time options: HAS_TIMES PERLIO_LAYERS PERL_DONT_CREATE_GVSV
PERL_MALLOC_WRAP PERL_PRESERVE_IVUV USE_64_BIT_ALL
USE_64_BIT_INT USE_LARGE_FILES USE_LOCALE
USE_LOCALE_COLLATE USE_LOCALE_CTYPE
USE_LOCALE_NUMERIC USE_PERLIO USE_PERL_ATOF
Built under linux
Compiled at Jul 24 2013 17:17:04
%ENV:
PERLBREW_BASHRC_VERSION="0.64"
PERLBREW_HOME="/root/.perlbrew"
PERLBREW_MANPATH="/root/perl5/perlbrew/perls/perl-5.16.3/man"
PERLBREW_PATH="/root/perl5/perlbrew/bin:/root/perl5/perlbrew/perls/perl-5.16.3/bin"
PERLBREW_PERL="perl-5.16.3"
PERLBREW_ROOT="/root/perl5/perlbrew"
PERLBREW_VERSION="0.64"
@INC:
/root/perl5/perlbrew/perls/perl-5.16.3/lib/site_perl/5.16.3/x86_64-linux
/root/perl5/perlbrew/perls/perl-5.16.3/lib/site_perl/5.16.3
/root/perl5/perlbrew/perls/perl-5.16.3/lib/5.16.3/x86_64-linux
/root/perl5/perlbrew/perls/perl-5.16.3/lib/5.16.3
.


とりあえず出来た感想


Perlbrewからcpanminusまでのインストール一式を、Perlbrewのファイルの存在で判定するのは微妙かもしれませんが、とりあえずこれはこれで良しとします。

ちなみに、DBD::mysqlを指定しているのは、MAMPが稼働中のOSXにこれがインストールできなくて泣いたからです。

とりあえず、DBD::mysqlがインストールできるかどうかを一つの指標にしていましたので、この結果は満足の行くものでした。

この調子で、今度はchef-soloで色々とやってみたいですね。

SEE ALSO