iTunesとiPodをはじめて同期した時、再生できない形式、ということで拒否されたものがあった。

それはムービーファイルだった。

しかも、全部。

拒否されると余計に気になってしまい、どうでもいい動画だがiPodで見てやろうと思い、動画の変換について調べてみた。



いくつか試したなかで、とりあえず落ち着いたのが、「携帯動画変換君」です。

名前にもかかわらず、iPod用にも変換が出来る。



MobileHackerz - [携帯向けに簡単に動画を変換してみよう]



使い方もシンプルだし、ソフトの構造もシンプル。



しかし、最初はエラーがでて変換できなくて困った。

どうやら、QuickTimeのバージョンによって動かないことがあるらしいのだ。

原因はQT3GPPFlatten.exeらしいのだが、7.2以前にすれば問題ないらしい。



色々と調べていくと、別のソフトを介する事で最新のQuickTimeでも無事に変換することが出来るようになった。

それを実現するためにはNicMP4Boxというソフトを使う。



・参考
iPod - MobileHackerz Knowledgebase Wiki



NicMP4Box.zipをダウンロードして(入手先)、zipファイル中のNicMP4Box.exeをあらかじめcoresフォルダの中に入れておく。

あとは、設定ファイル(Transcoding_iPod.ini)を変更してやればOK。



1
2
3
4
5
6
7
[Item*]
Title=H.264 QVGA(384kbps/128kbps)
FileNameMax=59
Command0=""<%AppPath%>coresffmpeg" -y -maxfr 30 -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -bitexact -hq -vcodec h264 -vprofile baseline -vlevel 30 -fixaspect -s 320x240 -b 384 -maxrate 700 -qmin 18 -qmax 51 -bufsize 1024 -g 250 -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 "<%TemporaryFile%>.mp4""
Command1=""<%AppPath%>coresNicMP4Box" -add "<%TemporaryFile%>.mp4" "<%OutputFile%>.mp4""
Command2="rm "<%TemporaryFile%>.mp4""
Command3=""<%AppPath%>coresAddiTunes" "<%OutputFile%>.mp4""


細かい設定値はとりあえず置いておいて、この設定でほとんどの動画がiPodで再生できるように変換される。