ユーザー認証の新しい規格が!

もちろん、私達が開放される代わりにIDプロバイダ(OpenID Connectをサポートする企業などのこと)が負担する、という形にはなります。

Comments

comments powered by Disqus