@nqounetです.

ジーニアスバーに行ってきましたが,ロジックボードが壊れているようで手の施しようがない(というか,修理に出さないといけない)ということでした.

本当はすぐにでも修理に出したいところですが,残念ながら今月はYAPCもあるし,何かと入り用で….

しょうがないので,Macbookを徐々に自分仕様にしているのですが,意外と細かいところがちゃんとできていないので,その辺を忘れないうちにメモしておきます.

zshのgit補完

いつもの様に使っていたら何か足りないな,と思っていたら,zshの補完が違うんですね.

gitにも何か入れたような気がしたのですが,すっかり忘れていましたので,検索して見つけたものを試してみました.

これじゃなかったような気もしますが,そのうち慣れるでしょう.

autojump

papixくんに教えてもらったautojumpも,いつの間にか癖になっているようで,うっかりcommand not foundになってしまったのでインストールしました.

検索で出てきたこちらを参考にしましたが,本家のほうが更新されていて,少し内容が古くなっていました.

私もソースから入れたのですが,インストール時の–zshオプションがなくなっていました.

今やるとすれば,以下の様な感じになりますね.

1
2
3
4
5
mkdir ~/src
cd ~/src
git clone git://github.com/joelthelion/autojump.git
cd autojump
sudo ./install.sh

試していませんが,インストールのコマンドには–localオプションもあるようです.

ともかく,インストールがうまくいくと,.zshrcに以下の行を加えるように指示があるのでそのとおりにします.

1
[[ -s /etc/profile.d/autojump.zsh ]] && . /etc/profile.d/autojump.zsh

また,タブでの補完を使う場合には,以下の行も追加しておきます.

1
autoload -U compinit && compinit -u

この行については,gitの補完にも出てきましたが,何度も必要ないので最後に実行されるようにしたほうがよさそうです.

そこまでやるとターミナルを再起動して,いつもどおり使えるようになります.

まとめ

ターミナルのコマンドは補完を使うとマウスを使うよりも速くてストレスもありません.

バリバリ仕事をして修理代(できれば新しいマシン代)を稼がなくては!

というわけで,ウェブシステム等のご依頼をお待ちしております!